Just another WordPress site

羊革について
未分類 | 01月08日更新

羊革を含む革の基礎知識

動物の皮をなめしたり加工を施して作る革(レザー)は、他の素材と比べて独特の性質も持ちます。衣服やバッグ、靴などにレザー製品を利用する時は、最適な手入れを行うためにも最低限の知識を身に付けておけば、長期間良い状態で使用する事が出来るでしょう。

革の基礎知識として、素材にオイルが含まれ磨くと表面が美しく光り、経年によって味わい深い質感が現れます。また頑丈でありながら順応性が高く、様々な製品に使用でき"

" (さらに…)

未分類 | 01月08日更新

羊革にはどんな種類があるか

羊革も他の動物の革と同じように、年齢や材料となる羊の種類によって様々なタイプの革が存在します。
・ラムスキン
生後1年未満の羊の皮を使った物で、他の動物の皮革と比べても格段に滑らかで柔らかく、まるでシルクのような手触りが楽しめます。その中でも生後6ヶ月以内の羊を使ったベビー・ラムスキンは最高級品の一つに数えられます。
・シープスキン
生後1年を過ぎた羊の皮を利用した革で、断熱と保温効果が高い事から"

" (さらに…)

未分類 | 01月08日更新

羊革(シープスキン)の特徴について

羊革はラムスキンやシープスキン、ムートンなどの種類がある革で、その名の通り羊の皮から作られます。
特徴として、キメ細かく柔らかいため手触りが非常に良く、特にラムスキンは高級手袋や衣服に使用される程しっとりとしています。しかし牛革に比べ線維が粗いため、強度は劣っています。
シープスキンは生後1年を過ぎた羊の皮を使った物で、脂肪の穴が多い特徴を持ち、なめした後に空隙を残すため断熱と保温の効果が高く、防"

" (さらに…)

未分類 | 01月08日更新

羊革は防水対策などのお手入れがポイント

羊革は質感などが柔らかいものであればあるほど水に弱いなどの特徴があります。特に羊革のジャケットなどは雨や雪などで濡れてしまうと、いつのまにかシミになってしまったり水ぶくれのようにあとが残ってしまう場合もあります。そのため、羊革のジャケットなどを購入した際には、雨などに濡れてもシミなどが残らないようにするためにも、着用する前に防水スプレーなどを使って防水対策などのお手入れをしておくことがポイントです

(さらに…)

未分類 | 01月08日更新

羊革のお手入れには専用のクリームを

数ある革製品の中でも、羊革(シープレザー)の特徴はその軽さ・柔らかさにあります。羊革は元々柔らかく毛穴が目立たないため、なめらかでキメの細かい手触りは他の革製品では味わえないものになっています。特に子羊(ラム)を用いたラムシープは羊革の中でも最高級品とされています。しかし、羊の皮を用いた製品は手入れの仕方が他の一般的な革製品とは異なるので注意が必要です。
革製品のお手入れでよく使われるクリームを塗"

(さらに…)

top